衛生管理者等の資格と行政書士などのプロを頼る時

危険物とは

危険物乙4とは

危険物乙4とは国家資格の一つの危険物取扱者の中でガソリンなどの引火性液体を管理する際に必要となる資格です。ガソリンスタンドのみならず化学工場などで働く際にこの危険物乙4の資格が必要となります。 国家資格と聞くと難しいイメージがありますが、覚える内容もそこまで多くはなく、高校で習う化学の知識の一部を使う程度なので高校生でも危険物乙4は取得することが出来ます。 危険物乙4の試験は危険物に関する法令15問、基礎的な物理&化学10問、危険物の性質並びに火災予防の知識及びに消化方法10問の3科目で構成されていて各科目で60%以上獲得することが出来れば合格となります。合格率はおおよそ40%程度となっています。

危険物乙4の取得と現状

危険物乙4は、危険物取扱者乙種第4類の略で、ガソリン、軽油、灯油などの引火性の危険物を扱う場合に必要となる資格です。試験は都道府県によって日程や回数などが異なっています。受験願書は各消防署などに置いてあり、そこで用紙をもらい、指定された消防試験研究センター宛に提出します。受験地は住所近くでも申請する県外の場所でも申請時に指定すれば選べます。 危険物乙4は受験資格が設けられていないので誰でも受験することができます。危険物乙4はガソリンスタンド、工場など石油類などを扱う幅広い場所でその活用の場がありますので、多くの方が受験され、資格を取得されます。 ただ実際、ガソリンスタンドや工場で1人でも危険物乙4を取得している場合、資格が要求される危険物管理の責任者としてやタンクローリーなどに乗務する仕事する以外は特に活用する用途は余りありません。取得者も多いので求人があってもなかなか実務経験などがなければ採用されることは少ないです。

Copyright (c) 2015 衛生管理者等の資格と行政書士などのプロを頼る時 all reserved.