衛生管理者等の資格と行政書士などのプロを頼る時

目指したい理由

なぜ行政書士を目指すのか

行政書士の仕事は主に、官公署に提出する書類の提出の代理・相談を行うことです。行政書士の資格は、他の法律系の国家資格(司法試験・司法書士試験)に比べて、合格するのが簡単と言われています。司法書士試験に要する勉強時間は約3000時間です。それに対し、行政書士試験合格のために1000時間要します。三倍のもの差があります。合格までの道のりが他の法律系の試験に比べて簡単と言えるでしょう。 行政書士の業務内容は、他の資格とは独立しているため、競合が多くないことも魅力の一つです。自立して改行することもハードルはそこまで高くないです。挑戦しやすい土壌がそろっています。 行政書士の資格は通信教育・通学・独学どれでも合格することは十分に可能です。

行政試験の資格を取るためには

行政書士の試験内容は憲法、行政法、民法、商法、基礎法学です。またその他にも一般知識問題も出題されます。試験形式とは、択一試験と記述試験共にあります。 合格するために重要になってくる科目として、行政法、民法が挙げられます。特に行政法は、内容が行政についてなので馴染みが薄いものが多いです。行政法・民法は記述式の問題でも多く出題されるので十分な対策が必要です。 まずは択一試験で十分に点数を取れることを目指しましょう。択一試験である水準の点数を取らなかければ、記述試験は採点さえされません。択一試験の勉強する上で大切なことは、間違っている選択肢もしっかり吟味するということです。「間違ってなかったからいいや。」とそこで終わらせるのではなく、「なぜまちがっているのか。」まで、確認しなければなりません。

Copyright (c) 2015 衛生管理者等の資格と行政書士などのプロを頼る時 all reserved.