衛生管理者等の資格と行政書士などのプロを頼る時

職場の資格

職場の安全と衛生をチェックする

企業等の経営者は、従業員の健康を守るために常に職場環境を良好な状態に保っておく必要があります。安全で衛生的な環境は、事故や疾病等の発生を予防するだけでなく、業務の効率化にも役立つことになります。これは有害物質を取り扱ったり危険作業を伴ったりする業種ばかりでなく、基本的にはすべての事業場において共通する事項です。 この課題に取り組むためには、各職場に指導的な立場の者が必要になります。本来であれば衛生管理や疾病の予防等は医師の職務に属することですが、すべての職場が日常的に医師のチェックを受けることは物理的に困難です。そこで現在のわが国においては、衛生管理者という制度を設けて必要な管理及び指導業務等を行わせるような仕組みを作っています。

選任されるには国家資格が必要

衛生管理者は労働安全衛生法に根拠を置く国家資格で、常時50人以上の労働者を使用する事業場においては国家試験に合格した有資格者を選任しなければならないとされています。 衛生管理者は定期的な巡視を行うなどして、職場環境に衛生上の問題や危険等がないかをチェックし、改善が必要であればそのための措置を講じなければならないとされています。 衛生管理者には第一種衛生管理者と第二種衛生管理者の2種類があり、国家試験の内容もそれぞれ異なります。第二種衛生管理者は第一種衛生管理者に比べると担当できる業務の範囲が限定されています。試験はおおむね毎月1回以上実施されており、試験合格後に労働局に免許申請を行うことで資格を得ることができます。

Copyright (c) 2015 衛生管理者等の資格と行政書士などのプロを頼る時 all reserved.